当院について

  • 院長ご挨拶
  • 理念
  • 病院の概要
  • 沿革
  • 医師のご紹介
  • 医療機器のご案内
  • フロア案内
  • 交通アクセス
  • ニュースファイル

 

病院開設から現在までの沿革をご確認いただけます。



昭和21年 12月 高知市大川筋140番地にて岡村外科(19床)として開設。
昭和26年 9月 27床に増床する。
昭和28年 9月 医療法人岡村会岡村病院となり、これを契機に内科、整形外科を加える。
昭和33年 6月 39床に増床する。
昭和34年 1月 47床に増床する。
昭和39年 8月 患者数の増加に伴い、高知市入明町1番5号(現在地)へ移転。
鉄筋4階建を建設する。54床に増床する。
昭和40年 11月 93床に増床する。
昭和41年 6月 113床に増床する。
昭和46年 7月 5階建に増築する。135床に増床する。
昭和55年 12月 さらに増加する医療需要と医療の高度化に対応するため、5階建新館を増築する。
これに伴い内視鏡室、手術室、ICU等の施設や設備機器の充実を計る。
162床に増床する。
昭和61年 4月 整形外科 谷吉彦医師(現副院長)の招聘に伴い、リハビリテーション室を増設し、 全身CTなどの設備機器面での充実を計る。
昭和63年 12月 看護婦、看護学生寮の鉄筋3階建白菊寮を建設する。
平成元年 6月 心臓血管外科開設に伴い、サーボ人工呼吸器、24時間心電図解析装置等を設置。
平成 3年 8月 建物の老朽化に伴い、全館の新築改修工事に着手する。
平成 5年 9月 岡村一雄理事長死去。岡村高雄(現理事長 院長)が就任する。
平成 5年 11月 新築工事が終了し、改修工事に着手する。
平成 6年 3月 新築改修工事がすべて完成。許可床数151床となる。
心臓血管造影装置、電子内視鏡、全身用骨密度測定装置等の設備機器面での充実を計る。
平成 6年 4月 基準給食「特別管理加算」を受理。
平成 6年 7月 基準看護「基本Ⅰ」・「薬剤管理指導」受理。
平成 6年 10月 新看護 3:1看護 B 加算 6:1補助看護を受理。
平成 7年 3月 平成6年度高知県看護婦宿舎施設整備事業費補助金の、補助を受け看護婦寮「ソロリティー岡村」鉄筋5階建16室を建設する。
平成 8年 8月 更正医療を担当する医療機関の指定を受ける(心臓血管外科に関する医療)
平成 8年 10月 ドイツ シーメンス社製らせんCT装置「SOMATOM AR SP」を導入すると同時に、遠隔画像診断支援サービス(Hospi-net)を契約し、近隣の医療機関とCT装置の共同利用を開始し、病診連携を図り、地域医療の貢献に取り組む。
平成9年 9月 麻酔科を開設。麻酔管理料 受理。
平成10年 4月 ペースメーカー移植術、大動脈バルーンパンピング法(IABP法)、経皮的冠動脈ステント留置術、経皮的冠動脈形成術、経皮的冠動脈血栓切除術の届出を受理される。
平成10年 5月 インターネットホームページを開設する。
平成10年 7月 四国医療サービス(株)の治療食宅配給食サービスを利用し、 在宅での食事療養を可能にし早期退院、在院日数の短縮に努める。
平成10年11月 院内ネットワークが完成。患者の基礎情報や診療記録、治療歴等 情報の共有化を図る。
平成12年 4月 検体検査管理加算(Ⅰ)受理。
平成12年 5月 入院収容定員の変更(151床から145床へ)
平成15年 7月 看護配置加算(一般病院)受理。
平成16年 6月 人工関節置換術、ペースメーカー移植術および交換術 受理。
平成16年 7月 一般病棟入院基本料(1群入院基本料2) 看護補助加算 受理。
平成16年 8月 褥瘡患者管理加算 受理。
平成16年10月 高知放送『どっきん!てれび』にて当院Drによる健康アドバイス放送開始。
平成16年12月 Philips社製 BrillianceCT40 稼動。
平成17年12月 夜間勤務等看護加算3 受理。
平成18年 2月 東芝製 遠隔操作式X線透視撮影台winmind 稼動
平成18年 4月 一般病棟入院基本料(13対1入院基本料 看護補助加算10対1) 受理。
電子加算 受理。
輸血管理料Ⅱ 受理。
栄養管理実施加算 受理。
呼吸器リハビリテーション料(Ⅱ) 受理。
運動器リハビリテーション料(Ⅱ) 受理。
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ) 受理。
単純CT撮影(マルチスライスCT) 受理。
特殊CT撮影(マルチスライスCT) 受理。
平成18年 5月 シーメンス社製 シングルプレーン全身領域アンギオグラフィシステム AXIOM Artis FA 稼動
平成20年 6月 検体検査管理加算(Ⅱ) 受理。
平成20年 7月 血管検査室 (バスキュラー ラボ ) 開設。
平成20年10月 心臓ドック 開設
平成21年4月 一般入院基本料 10対1 受理。
平成22年1月 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ) 受理。
運動器リハビリテーション料(Ⅰ) 受理。
平成22年4月 運動器リハビリテーション料(Ⅱ) 受理。
平成22年9月 画像保存通信システム(PACS) 稼働
平成23年8月 X線骨密度装置(ToYoメディック社製:Discovery) 稼働
平成24年12月 血管撮影システム装置(島津製作所製:Trinias) 稼働
DICOM動画サーバ「Kada-Serve」 導入
平成27年1月 超音波診断装置(GEヘルスケア社製:LOGIQ E9 With Xdclear) 稼働

▲このページの先頭へ